三重県津市で葬儀の事なら一期の会
〔葬儀とは…〕
古来より、故人を知る人々が会い集い、故人を偲び夜伽を行い荼毘にふすことを言います。現在においては、儀式的に大小様々な葬儀が営われているのが通例ではありますが、故人を偲び送る人々の心「おくりびと」が本来であるのではないのでしょうか。

NPO法人(Non Profit Organization、ノン・プロフィット・オーガニゼーション)とは民間の非営利の団体で、国と地方自治体が公認した団体であります。
社会的貢献をし、市民活動を中心に地域の活性化に努め、福祉で地域社会に貢献していくことであります。
一期の会においては家族葬儀・市民葬儀・福祉葬儀を中心として執り行っております。

NPO法人 葬儀 一期の会 〒514-2312 三重県津市安濃町連部217  
               TEL 059-267-0009(24時間対応) 
               FAX 059-267-0017

菩提バンクとは〔永代納骨供養〕〔永代位牌供養〕〔葬儀の執行〕永代供養と葬儀を行っております。
事前にお話を聞きご希望にそった内容をご提案し、承諾を得て執行することであります。
菩提バンクを全国に推進し普及を目的として、皆様に喜んで頂き、
やすらぎと安心をサポート致します。

〔喪に服すとは…〕
「喪に服す」と言われておりますが「おくりびと」がその家から出たということであり、仏教においては四十九日・百ヶ日とその期間は様々であります。色的には白・黒で表しており、仏衣は白であり喪服は黒であります。
霊柩車・送り車(おくりぐるま)においては「白い霊柩車」「黒い霊柩車」「赤い霊柩車」等様々な色や形でそれぞれの特色を表し、現在では葬儀の中に執りいれられておりますが、故人を偲び送る人々の心「おくりびと」が本来であるのではないでしょうか。
〔エコ葬儀〕
当会においても、地球にやさしい取り組みとしてエコ葬儀を提案し推進していきます。
エコフィン(エコの棺)・エコ霊柩車(プリウス霊柩車リムジンタイプ)・エコ骨箱など、エコ商品を使用してまいります。
〔エコカーHIBRID〕プリウス霊柩車リムジンタイプ
深刻な問題となっている「地球温暖化」/みんなで止めよう温暖化/チームマイナス6%を目指して!
今までにないエコロジーな車両を導入しご提案致します。
第三世代霊柩車 プリウス霊柩車リムジンタイプ ハイブリッド霊柩車
(乗車4名) エコドライブを目指して!
地球と人にやさしい企業を目指して取り組んでおります。

平成22年9月25日発刊の 「月間フューネラルビジネス」 という葬祭業専門誌に掲載されました。
「ハイブリッド・エコ霊柩車の導入」「エコ葬儀へのとりくみ」「地域社会への貢献」 など、地球環境と人にやさしいまごころ葬儀につとめております。

平成22年10月1日、興山舎から発刊の 「寺門興隆」 という寺院専門の月刊誌に、これまでの取り組みの内容と評価が掲載されましたのでご紹介させて頂きます。



Copyright (C) 2008 一期の会. All Rights Reserved.